若手ビジネスマンが知っておくべき、ビジネスファッションにおけるマナーとは

ビジネスファッション全般

ファッションとは、一般的には自己表現であると捉える人が多いかもしれません。

 

しかし、ビジネスファッションにおいては、自分がいかにオシャレな感性を持っているかよりも、

ビジネスの相手や上司に対してどんな印象を与えるのか、を優先すべきです。

 

ビジネスファッションは仕事の成果だけでなく、

自分の印象や信頼性にも大きく影響する、とすら言えるでしょう。

 

特に若手のビジネスマンは、年上のビジネスマンから誠実だと思われたい、

客先の営業さんに甘く見られたくない、といった隠れたニーズがあるのではないでしょうか。

 

…とはいえ、せっかくテーラリング文化に触れるのだから、ルールにばかり縛られるのではなく、

自分好みのオシャレな服を着たいですよね。

 

そこで、今回はビジネスファッションにおける服装のマナーを紹介します。

マナーを知れば、きっと同年代のビジネスマンよりも「常識をわきまえている」「地に足がついている」と思われることで、ビジネスチャンスや人間関係にもプラスになるでしょう。

 

この記事では、若手ビジネスマンが必ず知っておくべきビジネスファッションのマナーについて、

以下の4つのポイントに分けて解説していきます。

 

ビジネスファッションにおけるマナーその1. スーツの色や柄はシンプルが基本

ビジネスファッションの主役は、なんといってもスーツです。

社会人になって最初に買うスーツは、ネイビーやチャコールグレーの無地だった、という方が多く、

「せっかくだから次はもう少し派手なスーツをオーダーしてみよう」なんて思っている人も多いかと思います。

 

しかし、若手、特に20代の間は、明るい色や派手な色のスーツ(イタリアのファッションスナップに見られるような)を

チョイスするのはお勧めしません。

 

ビジネスシーンでは、どんな場面でも落ち着いた色や柄のスーツが好まれます。

これは、ビジネスにおいては「信頼感」「誠実さ」を演出することがもっとも大事だからです。(業種にもよりますが)

具体的には、ネイビーやグレーなどの無地をベースに薄いストライプ、落ち着いた色味のチェック柄が入ったものがおすすめです。

 

服は見る人のためのものである、という意識がマナーだとも言えるでしょう。

また、季節や場面に合わせてスーツの素材や厚さを変えることができたら、あなたはビジネスファッション上級者です。

夏はリネン混といった涼しくてしわになりにくい素材、

冬は暖かくて型崩れしにくいフランネル等の素材がオススメです。

スーツ選びに慣れてきたら、季節感と生地の合わせ方も考えてみるようにしましょう。

 

ビジネスファッションにおけるマナーその2. シャツやネクタイは統一感を最重視

スーツの下に着るシャツやネクタイについてもマナーが存在します。

まず、シャツは白や淡いブルーの無地が基本です。

色が濃いシャツ、生地の厚いシャツはカジュアルに見える可能性があり、業種によってはマナー違反です。

また、当たり前ではありあすが、シャツは常に清潔にし、アイロンをかけておきましょう。

アイロン掛けが面倒な場合や自宅で洗濯を行う場合は、必ずノンアイロンや形態安定のシャツを選ぶように。

タイドアップが必要な場合は、ネクタイをスーツ、シャツとの統一感にも配慮が必要です。

ネクタイとシャツ、スーツの色の組み合わせは、色だけでなく生地感も考える必要があり、

初心者にとってはかなり難しいので、ネットで調べて合う色、素材のネクタイを買っておくと良いです。

また、ネクタイは首元がきちんと上まで締まっていることを確認しましょう。

ディンプルが美しく作れるように練習し(慣れると簡単です)、

襟の形に合ったノットを選んで締められるようにしておくのも必須です。

 

ビジネスファッションにおけるマナーその3. 靴や靴下は黒を選ぶべし

ビジネスファッションにおいては、靴や靴下は黒で統一することが基本です。

ファッションスナップ等を見ていると、赤やイエローの靴下を、スタイリッシュスーツにあわせているケースもかなりあり、

ついつい真似したくもなるのですが、ビジネスの現場においては避けておいた方が無難でしょう。

黒はどんな色のスーツとも合わせやすく、フォーマルな印象を与えます。

また、やりがちなのは「暗い色だから」と不用意に茶色やグレーなどの靴下を履くと多くの場合、

自分が思っているよりもカジュアルに見え、場合によっては「おじさん感」を演出してしまう可能性があります。

また、靴下は必ず長めのもの(ホーズ)を選び、革靴の汚れには常に注意しましょう。

 

ビジネスファッションにおけるマナーその4. アクセサリーや香水は控えめに

「するな」とは言いませんが、ビジネスファッションにおいて、アクセサリーや香水は控えめにすることがマナーです。

アクセサリーは時計やネクタイピンくらいにしておきましょう。

時計以外のブレスレットやネックレス、ピアス、結婚指輪以外のリングなどは目立ちすぎて不適切です。

また、香水は強い匂いを避けて、ほんの少量だけつけましょう。

香水の匂いは、自分が思っているよりも周りの人に不快感を与えることが多いです。

 

ビジネスファッションにおけるマナー まとめ

この記事では、若手ビジネスマンが知っておくべきビジネスファッションのマナーについて、

  • スーツやシャツ
  • ネクタイ
  • 靴と靴下
  • アクセサリーや香水

の4つのポイントに分けて解説しました。

ファッションとはいえ、ビジネスシーンにおいてはマナーを守ることで、

自分の印象や信頼性を高めることができます。

服は相手のためのものでもあります。

最低限のマナーを守りつつ、自分なりのビジネスファッションを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました